認知症を通して知る、人との関わり方とは

先日、認知症セミナーを開催しました。
参加いただいた皆様ありがとうございます!

認知症って、2004年以前には何て呼ばれてたか知ってます?!

『痴呆』って言われていたんです・・・

見ただけで・・あまりいい気持ちにならないですよね
侮辱されているような呼び名です、

これを『認知症』という言葉にし、
その病名の認知度をあげようと、人生を捧げてる方がいます。
認知症の話題はメディアにもよく取り上げられるようになりました。

長谷川 和夫先生・認知症専門医で
長谷川式スケールを開発されたご本人
その方が認知症になって執筆された本です

私自身、元メーカーという立場ではありますが、「認知症」には人一倍の思い入れがあります。
認知症って今やほとんどの方が知っていると思いますが、
実際にどんな疾患なのか、、どんなことが大変になるのか・・・
理解度は高いのでしょうか?!

たまにニュースに出て来る「介護疲れ」
この裏に隠された介護者の気持ち、本人の希望、
なかなか一言では言い切れない複雑な心境になります。

介護する上で必要なケアの方法。

色んな考えがあると思いますが、
ヘルスケアをされている方、共通にいえることもあると思います。

診察中に見ているのは、その痛がっている足ですか?
マッサージする時、あなたは「どこを見て」いますか?!
その方の手?!

目の前にいる方は、どんな気持ちでここに居るのでしょうか
その方と真摯に向き合っていますか?

〜ユマニチュード〜
〜パーソンセンタードケア〜

色んなケアの方法がありますが、
どれもその方らしさを尊重し、敬意を持ってケアするという考え

認知症と言っても、目は見えています。話してる内容も分かっています。
ひどいことを言われたら傷つきます。褒めてもらうと喜びます。

ただ、それに対してどう表現したらいいのか、
できないもどかしさと戦っています。
薄れていく記憶に恐怖を感じているかもしれません。

だからと言って、何もできない訳ではない。できることだってあります。

上手くできない子供の成長は温かく見守ることができても、
老いていき、できなくなることには見守れない。

ここは温かく見守って欲しい

高齢化社会の進展で、今後益々増えていくと思われる認知症

もしかしたら、親がなるかもしれないし、将来、自分が、又は夫がなるかもしれない

知っておく、理解しておくと、心の準備もできるはず。
温かく見守ることができるはず。
気になった方は、是非 長谷川先生の本を読んでみてください。

認知症って簡単に語れる話ではないし、
奥が深すぎて、表面上のことしか言えませんが
少しでも多くの方に理解してもらえるよう・・・そんな気持ちで発信しております。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

aiko@mama

嗅覚反応分析士・薬剤師・医薬情報担当者(MR)として12年間従事、後オンラインサロンの開設。AEAJアロマテラピー1級
趣味で世界遺産検定1級・ジェルネイル・ホームベーカリー・ベリーダンス・2児のママとして奮闘中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA